FC2ブログ

«本日は、SUGOでサンデーレース(^^♪ ←|→新アドレス(SSL対応)、原田消音器など»

チェーンの給油のおはなし

<お知らせ : レースやスポーツ走行好きの仲間募集してます! 走る、走らせる事に興味ある方、気軽にお越しください!>



本日は、なぜか相当体が動かず、お疲れです。自分が走るときよりも、ものすごく疲れをひきずっています。。。昨日レースに出場した当人は、さして疲れてはいないようですが。。。


モータースポーツの話から一転、この間のチェーンラインがタイヤに近い云々の話の続きでも書きます。

16-IMG_0114.jpg


15-IMG_0113.jpg

ひぇー、近いですね。大丈夫といえば、大丈夫ですが、お勧めするとはいえません。オートバイを良く管理できる人以外はNGですね。多少テスト走行しましたけれども、やはり、私ならオフセットします。とは言え、チェーンとタイヤサイドに2cmもクリアランスができるわけでもありません。所詮、タイヤに当たらなくなるというだけです。チェーンがタイヤに近いという事実は変わりませんからね。


というわけで、チェーンメンテナンスのお話です。これは一般的なロードバイクに対する方法と考えてくださいね。オフロードバイクや、チェーンガード的なルブを使用するユーザーさん向けではありませんので。

まず、現状のチェーン清掃します。軽度の汚れでしたら、ウエスにパーツクリーナーを染み込ませて、チェーンを拭きます。

17-IMG_0115.jpg


汚いチェーンにチェーンルブをさしても意味はありませんからね。吹き上げると↓な感じ。

18-IMG_0116.jpg


そして、初めてチェーンルブをさします。シールリングが見えるプレートとジョイントの隙間に少しづつさしていきます。エンジンをかけながらやっては駄目ですよ。また、タイヤを回すときも気をつけてください。手回しでも、スプロケットとチェーンに指を挟むと本当に大変な怪我になります。手回しでも指を相当切りますからね。

19-IMG_0117.jpg


注油したのが、↓ですね。これは愛用しているウエットタイプのルブですが、飛散も少なく、粘度がちょうど良いと思います。

20-IMG_0118.jpg


そして、やっぱりウエスに若干パーツクリーナーを染み込ませて吹き上げます。スイングアームの下あたりで、↓のように拭くと危なくないですね。ドライタイプのルブを使ってもこういう風にふきあげますね。

21-IMG_0119.jpg

22-IMG_0120.jpg

重要なシールリングに油は届いていて、遠心力で多少飛び上がる余計な油分はふきあげて抑える。ふきあげることによって外側のプレートには適度な油分がコーティングされるというわけです。こういう方法で管理できるのであれば、多少チェーンラインが近くても、使用することはできますね。

チェーンルブを目一杯吹きかけて、タイヤに飛び散らせながら、バイクを傾けて曲がっていったりしたら、転倒のリスクは相当あがりますからね。そういったことに気をつけないと、まずいですね。

いつも、入庫する車両はこのように管理していますよ。


それでは~また!!(^^♪


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



関連記事

«本日は、SUGOでサンデーレース(^^♪←|→新アドレス(SSL対応)、原田消音器など»

コメント


コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL:
https://tribefactory.blog.fc2.com/tb.php/948-e8515245