FC2ブログ

«サスセッティング・・・隼 ←|→NINJA1000 整備 その1»

ツインショック・・・・エンドアイやリア車高

<お知らせ : レースやスポーツ走行好きの仲間募集してます! 走る、走らせる事に興味ある方、気軽にお越しください!>


店の扉を開けっぱなしにしていても、気づかないくらい外の空気の温度が上がってきましたね~。やっと、気温も落ち着いてきたかな・・・っと思っている今日この頃です。。。




えっと、つくりものですね。

最近は、タイヤやホイルの外径変更、もちろん走行ステージの違いに伴うプリロードの変更などで、積極的にリア車高を変更したほうがいい場面が増えましたね。

ツインショックの車両は、リンケージを使っていませんし、元々、サスペンションの取り付けがスイングアームの後ろ端にありますから、そういったリア車高の変更になかなか既存のものでは対応しきれなくなってきますね(既存の調整で何mmか伸ばしてもアクスル位置は大して変更出来ませんよね)。純正からリプレイスサスに変更していたとしても、元々純正タイヤの外径を想定しいますので、求めるショック長まで対応できなかったり、根本的に不足していたりなど、いろいろな問題が出てきますね。

なんとなく、気になっているけど、リアショック長をそのままにしているなんてもったいないので、適正な姿勢が出るような状態にすることをお勧めしていますよ~。ツインショックもシングルショックもお気軽に相談くださいませ。




オーリンズのツインショックに対応するエンドアイですね。きっちりした精度でスヘリカルベアリングが組み込まれています。長さは、2パターン用意しました。

34-IMG_0281.jpg

該当する車両に適合するように、ステンレスで差込カラーを作ります。緩すぎず、きつ過ぎず、グーッと押すと入っていく寸法公差です。

33-IMG_0280.jpg

差し込むとこんな感じ。ベアリングとカラーの間には、シールとしてOリングが入っています。
35-IMG_0282.jpg

二つのショックがありまして、それぞれ同一型番のショックです。それぞれ、オーナーさんがバイクに求めるものが違いますので、いろいろ頭を絞りまして、まずはスタート地点となるショック長を考えます。大きくいえば、エンドアイもサスペンションのセッティングパーツですので、このエンドアイで対応が不可能な領域に入ったら、さらに変更することになりますね。さて、どうなりますかね~(^^♪

38-IMG_0285.jpg

36-IMG_0283.jpg


それでは~また!!(^^♪




にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




関連記事

«サスセッティング・・・隼←|→NINJA1000 整備 その1»

コメント


コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL:
https://tribefactory.blog.fc2.com/tb.php/975-314f43f9