«シム待ち。。。KZ ←|→スイングアームフィッティング  -ゼファー1100»

コントロラーブルなリアブレーキは必須! 12R GALESPEED

<お知らせ : レースやスポーツ走行好きの仲間募集してます! 走る、走らせる事に興味ある方、気軽にお越しください!> 


PC壊れそうなので、多めに記事を書くシリーズその3。。。

手短に報告がてら・・・・


ストリートで私が重視するのは、なによりブレーキ。。。次にスロットル。。洗練されているかどうかはともかく、右手と車体の動き、イメージがシンクロしないと、気持ちよくないし、たまに怖いですからね。たとえていうなら、やっぱり馬ですね。手綱をひけば、引いただけ、その瞬間からきれいに止まる。わき腹に合図を送れば、合図の強弱で、ただちにしなやかに加速する。。って感じ。

どうでもいい話ですね。

ブレーキの中でも、リアブレーキは、「ストリート」ではめちゃくちゃ重要だと思っています。パッド残の確認もまずは、リアブレーキから(^^ゞ

私は、もう常に触っています。動くリアサスを制御するのもありますし(縮めたままにするとか)、ピッチングのきっかけ作り出すこともできますしね。一番は、交差点の中ですかね。発信して、左折とかですね。スロットルは開いていって、逆にリアブレーキの引きずりは減らしていって、、、って感じです。

たまに、リアブレーキのレバー比や、唐突感。あまりに強いリターンスプリングの反力などを感じる車両がありますね。そういう車両は良く手直しします。

一番多いのは、「せっかく買ったステップセットなんだけど、リアブレーキが気に入らない!」というお客さんのパターン。そう、剛性感や作りこみはいいんだけど、このペダルのレバー比ってどうして?ってものもあったりするからですね。そういう時は、マスター側とかペダルをいじって自分がコントロールしやすいように作り直しますね。


まずい、長くなってきたので、手短に急ぎます。

この12Rの純正リアブレーキは、オーナーともども感じることは、
①リターンスプリングの反力が強すぎ。(最初のタッチが感じられない)
②結構踏んでいるつもりだけど、制動の立ち上がりが???
③コントローラブルとはいえない、ペダルストローク。。。

こんなところでしょうか。まずはリターンスプリングを外して、ブレーキパッドを吟味して変更。ちょっと試走しまして、ピストンレシオを変更することにしました。

純正はφ14、新規はφ12で組みます。計算ではいけるはずですが、今一歩のときはペダルを工夫するとします。さりげなく組み付けることとします(リアマスター目立ってもね~)


純正状態ですね。
13-IMG_0626.jpg 

ちゃんと掃除して、この後分解グリスアップして、進めています。当たり前なんですけどね。
15-IMG_0628.jpg 

黒いのが、GALESPPEDの φ12 ピッチは49mm。
リターンスプリングは、強弱2本ついてきますね。これは弱いリターンスプリングです。
16-IMG_0629.jpg 

マスターの取り付けは、M6で、既存ステッププレートは、M8。固定用の座繰り穴は、10.5mm。共締めされるヒールガードの穴も10.5・・・なので、、、工夫を凝らしまして。。。これでばっちり。
17-IMG_0630.jpg 

12Rはちょっと特殊な場所にリザーバータンクありまして(タンクの右下)、違う場所にタンクを新設するか悩んだんですけど、タンクだけ浮いちゃうので、、、既存タンクとホースを目立たないところでジョイントしちゃいます。というわけで段つきジョイント作って。。
18-IMG_0631.jpg 

19-IMG_0632.jpg 

あれやこれや小さな部品も作って、フィッティング。。写真、見にくくてすみません。
3-IMG_0669.jpg 

これで、シャーシのセッティングを加速できますね~(^^♪


ぜんぜん、手短じゃない。すみません。


それでは~またすぐに・・・(^^♪

にほんブログ村 バイクブログへ 
にほんブログ村

関連記事

«シム待ち。。。KZ←|→スイングアームフィッティング  -ゼファー1100»

コメント


コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL:
https://tribefactory.blog.fc2.com/tb.php/988-fd46c0eb